<<東洋医学入門>>

----------------
熱中症予防と漢方
----------------


「熱中症」とは、体内に溜まった熱が放散できずに、体温の調整が出来なくなった状態です。かつては、熱射病、日射病、熱痙攣、熱疲労等と呼ばれていました。
一般的には、運動中や仕事中に高温障害によって起きますが、室内など日常生活の中で起きる熱中症もあります。特に高齢者は、成人に比べ体液が少ない(陰虚)、水を欲する機能が低下しやすい、エアコンをあまり使わない等の理由から、熱中症にかかりやすくなります。

【熱中症の具体的症状】
めまい・頭痛・こむら返り・筋肉痛・吐き気・嘔吐・食欲不振・意識混濁・失神等の症状が出ます。

【西洋医学的な対応】
医療現場では、日本神経学会により、熱中症の重症度分類別対応は下記のようになります。

・1度(軽症):日陰やエアコンのかかった涼しい部屋で休み、水分補給をする。
・2度(中等症):病院を受診し、点滴を受ける必要がある。
・3度(重度):救急車で医療施設に搬送し、治療の必要がある。

【漢方治療と予防】
中医学的には下記のように考えられています。

1.(軽症)

暑熱症:急に体温が高くなり、皮膚を触ると熱い、赤く乾いている等。
<処方>五涼華、黄連解毒湯などがあります。身体の熱を冷まし、清熱解毒に用いられます。

気陰両虚:口渇、ほてり、怠さ、頭痛、動悸、息切れ等。

<処方>白虎加人参湯、麦味参顆粒、清暑益気湯等があります。益気養陰に働き、大量の発汗による脱水(陰液の損傷)、エネルギー(気)の消耗に有効です。
失神、痙攣等の重症になった場合は、西洋医学的な処置が不可欠です。

2.夏バテの倦怠感、食欲低下、吐き気等が現れたとき。

<処方>清暑益気湯、半夏瀉心湯、胃苓湯、香蘇散等があります。胃腸機能を整え、水分の代謝を良くし、体に潤いを回復させるために用いられます。

3.夏バテ、熱中症の予防

運動するときや汗を多くかくときは、水やスポーツドリンク等に麦味散顆粒を溶かして服用しておくと、持久力が増すだけでなく、熱中症の予防にもオススメです。

<オススメ食養生(薬膳)>

★西洋人参茶★

高齢者は、成人に比べ体液が少なく(陰虚)、水を欲する機能も低下し易い、エアコンをあまり使わない等の理由から、熱中症になりやすいので、予防に朝一杯の西洋人参茶がオススメです。

(作り方)
夜のうちに、スライスした西洋人参3グラムと沸騰したお湯200ccを保温瓶に入れておくと、翌朝にはそのまま服用できます。


西洋人参は滋陰強壮に優れ、余分な熱を冷まして、体に潤いを与える作用があるため、夏バテ予防にオススメです。

★毎朝生姜茶一杯★

(作り方)
生姜のスライス5〜6片を200ccのお湯にしばらく漬けて置く。お好みによって、黒糖を適量足しても良い。


夏期には、長時間エアコンのなかで生活していることが多く、また、冷たいものを摂取する機会も増え、浮腫みや食欲不振になる方も多いと思います。
生姜は発汗解毒、温胃止嘔効能を持ち、胃の働きを元気にし、栄養の吸収や代謝を良くしてくれるので、夏バテの予防にオススメです。

今回で東洋医学入門は終了致します。
いままでお読みいただき、ありがとうございました。


監修:周密(中医学アドバイザー)