〜月経困難症メカニズム〜



その生理痛、原因は○○かも・・・?
月経の際に、だるい、おなかが張るなど、いわゆる生理痛を感じる方は多いでしょう。しかしなかには、異常に強い疼痛や、辛くて立っていられないなど、日常生活に支障が出るような痛みを感じる方もいます。これが月経困難症です。子宮発育不全症、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮や卵管などの炎症、子宮後屈症、強度前屈症の人などに多くみられます。月経困難症は、これら原因となる症状を取り除くことで改善を図ります。

子宮内膜症・子宮筋腫・生理痛などの月経困難症
「子宮内膜症」は、子宮内膜あるいは内膜と類似した組織が何らかの原因で子宮壁(筋肉組織)の中に入り込んで増殖する「内性子宮内膜症(腺筋症)」と、卵巣や直腸など子宮の外側の場所に移植して増殖する「外性子宮内膜症」の二つのタイプがあります。
「外性子宮内膜症」の場合、多くみられるのが卵巣の子宮内膜症で、まれには肺や胸膜など子宮と離れた場所にできることがありますが、その原因はまだ解明されていません。
できた場所や進行状態によっても違いますが、主な症状はひどい月経痛です。他に月経過多、排便痛、性交痛などが上げられます。年代別にみると、30〜40代の女性に多く見られ、一度治っても繰り返し、不妊症へとつながるケースも多いので注意が必要です。

「子宮筋腫」良性の腫瘍で、40才代の女性では3人に1人が筋腫をもっているといわれています。筋腫の部位や大きさによって、不正出血、出血過多による貧血症状、生理痛、頻尿や便秘などの症状があらわれます。また、筋腫の位置によっては着床障害となり、不妊症や不育の原因になる場合もあります。最も多い自覚症状は、月経量の増加と貧血。無症状のまま進行するケースも見られます。

中医学の考え方と対処方法
中医学(中国漢方)では、子宮内膜症や子宮筋腫、生理痛は広く婦人科系の病気を含む病名として「しょうか(しこり)」と呼びます。これらはいずれも女性ホルモンのアンバランスや、瘀血(おけつ※血流の滞り)が原因の一つになっていると考えられています。子宮内膜症や筋腫、生理痛の原因は「血流障害」。漢方でいう瘀血(おけつ)のあらわれです。まずはこの瘀血を除去することが大切です。